簿記3級と2級の受験データ

過去24回分の簿記2級と3級の合格率(%)

 下表(日本商工会議所のデータ引用)にあるとおり、簿記2級・3級ともに回数ごとに合格率に「けっこうなばらつき」がある。そのため、しっかり勉強したのにたまたま落ちてしまう人もいれば、あまり勉強しなかったのにたまたま受かってしまう幸運な方もいる。

回数(年.月) 簿記2級(%) 簿記3級(%)
135(2013.11) 22.5 48.0
134(2013.6) 13.9 33.9
133(2013.2) 47.6 39.5
132(2012.11) 22.9 31.9
131(2012.6) 30.7 41.1
130(2012.2) 31.5 49.1
129(2011.11) 44.5 49.8
128(2011.6) 34.8 36.6
127(2011.2) 32.4 30.7
126(2010.11) 21.5 44.5
125(2010.6) 40.0 27.9
124(2010.2) 12.4 18.8
123(2009.11) 38.4 49.6
122(2009.6) 25.5 41.2
121(2009.2) 43.1 56.5
120(2008.11) 29.6 40.2
119(2008.6) 31.3 29.5
118(2008.2) 29.4 38.2
117(2007.11) 20.7 31.2
116(2007.6) 29.2 42.5
115(2007.2) 42.5 35.2
114(2006.11) 31.8 45.2
113(2006.6) 30.4 35.0
112(2006.2) 24.2 46.4

ちなみに、簿記と同様人気の資格である宅建試験の合格率は毎年平均でおよそ18%。しかも宅建は年に1回だけの試験であることから、簿記2、3級は宅建試験よりも合格率は高く、年3回チャレンジできるためモチベーションも続きやすいのではないかと考えられる。

受験料

簿記3級が2500円、簿記2級が4500円。

受験日

毎年2、6、11月の日曜日(年3回)。

申込み方法

各商工会議所にて異なる。